keyboard_arrow_right
インプラントとタバコ

インプラントとタバコ

 

インプラントとタバコはとても相性が悪いものです。

インプラントを始めようとしている人の中には喫煙者もかなり多いでしょう。

禁煙しなければいけませんとは言い切りませんが、タバコを吸っているとインプラントの寿命は刻一刻と短くなるのです。

インプラントをした人でタバコを吸い続けているひとのインプラントの劣化の進み具合はとても早いのです。

歯肉は腫れてしまいインプラント周辺の骨が減少して行きます。

インプラント周辺の歯磨きなどをしなかったり、食べカス等が残っていてもタバコを吸っている人は平気な人が多いです。

インプラント治療は禁煙が前提だと思った方が良いでしょう。

せっかく、高いお金をはらって綺麗な歯にしたのにタバコのせいで又、歯が汚くなってしますのはかなしいことですね。

なぜ、タバコがインプラントに良くないのでしょうか。

まず、タバコは免疫力を低下させます。

タバコにはニコチンと言われる成分がふくまれておりその成分が、免疫を働かせている白血球の作用を低下させてしまうのです。

その為に歯肉に炎症が起こってしまうのです。

そして、タバコはだ液の分泌量も低下させます。

バイキンを殺す働きがあるだ液が少なくなってしまうと歯周病の原因になってしまいます。

1日に10本以上のタバコを吸う人は、歯周病になりやすい確率がぐんと上がってしまいます。

そして、先程でたニコチンは血管を委縮させるのです。

タバコを吸う事によって発生する一酸化炭素は血液が酸素を運ぶ能力を妨害して、血流が悪くなります。骨や歯周組織に栄養や酸素がいかなくなってしまいインプラントが外れてしまう事があります。

このように、インプラントとタバコはとても相性が悪いものです。

インプラントだけではありません。

体にも本当に悪いものなのです。

最近では、タバコも値上がり喫煙できる場所も少なくなりつつあるので禁煙する人がとても多くなりました。

しかし、ゼロになったわけではありません。

タバコを吸うごとに少しずつインプラントの寿命が減ってきている一方で、自分の寿命も減ってきている事を忘れないでください。

タバコを吸っていない人だとすんなり終わる治療もタバコを吸っている人だととても時間がかかります。

金額もかかるうえ劣化しやすいのが現状です。

アフターケアーをちゃんとして守らなければいけないルールをちゃんと守って

正しく綺麗にインプラントを維持して行きましょう。

タバコを辞めるのはかなり大変かもしれませんが、インプラントには良くない事をちゃんと理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*